●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2016年03月07日

20160307「不文律」

土日は日記を休んだ。
ふつーのことは書いた方がいいのかよくわからない。

土曜はイベント打ち合わせと散策会に参加、日曜は書類作成と洗濯だった。
もっとしっかり休む日がほしいが、来月になれば強制的に休みだ・・・。

/////////////////////

自分は不文律というのがどうも嫌いなのだが、
それはきっと「明示しないのはずるい」からだと思う。

不文律というのは大げさに言えば「ルール違反のルール」だろう。
明示すれば既存のルールとかち合う。でも感情的には既存ルールのままでは気に食わない。
だったら不文律ということにしてしまえ、という魂胆だろう。
それが自分からすると「ずるいな」と思ってしまうのだ。

明示しなければなんとでも言えるし、
表向きは明文化されたルールを守っていることになるし、
またそのルールを正面切って改良・改革しなくても良くなる。

そんなのは無しだろ、と個人的には思う。せめて堂々と明文化して主張しろと。
それをしないで思い通りにしたいなんて、ずるい。

///////////////////////

外国語をやらないとなと思いつつ、すでにイタリア語が抜けつつある。
一人でやってるとせいぜい一年しか続かない・・・。
もちろん学校とかに行く金なんてないよ。
SNS形式でネットで添削するやつはなんか思い切って書けないのと、
書くことが思いつかなかった(たとえばこの日記を外国語化するのは骨が折れるだろう)。

4月から暇なうちはまた少しやろう。
posted by しかすけ at 23:33| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

20160304「タイトルが浮かばない」

昨晩は夢だということを意識した夢を見た。
たぶん疲れているというか眠りが浅いのだと思う。内容は秘密(消されると困るし)。

//////////////////////

長期的には地図と散策で一財を成すというのが目標なのだが、
街歩きとビジネスの距離は今のところ遠い。

街側は直接的にお金を使ってくれることをどうしても求める傾向にあるから、
「個々の旅人の視点で街は楽しくなる」みたいなことを言っても、
「そんなの金にならない」と一蹴されてしまうのはよくわかる。
それでビジネスになるには大量に人が来なければならないが、
街側は大量に人が来てほしいわけでもないのだ。だって、面倒だものね。
それに、散策会形式ではそんなにたくさんの人は呼べない。

他方、街歩きのイベントは無料のものが多く、名の知れた方々のイベントですら無料のものもある。
一度無料が定着してしまうと、たとえ開催に手間がかかっていたとしても、有料イベントは苦しい。
特に私のような、本も出してない無名の人の場合は。
お金持ちを相手にするとか特定の企業を相手にするならまだいけそうだが。

それでも何とか、散策や地図で個人でビジネスができるように、
道を拓いていけたらなぁと思う。

あ、お仕事引き続き募集中です。
posted by しかすけ at 23:22| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

20160303「無題」

今日はけっこう働いていて、時間も遅いので手短に。


忙しい時ほど落ち着いて状況を見て仕事をするのは大切だと思う。
忙しい時期にミスが増えて効率悪くなるのは避けたいから。

まあ、日々そんなことをやっていても全然収入が増えないのがアレなのだけど。
お金になるならないっていうのは、仕事の中身とは別だなと思う。当然か。

4月からのお仕事、大募集中。
posted by しかすけ at 23:44| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

20160302「書くことと私」

何かをおもしろく書くのは難しい。

私はここのようにひたすらだらだら書くことはできるのだが、
もちろんおもしろくはない、だろうと思う。
書くのは好きは好きだが、最近は本当にひどい文章ばかりで、
同じ表現や同じ文の構成が立て続けに使われていたり、語順が変だったりする。
目を通すのが地図や古資料ばかりで、まともに本を読まないせいでもある。
何よりもまず学がない。あれもないこれもない。

/////////////////

ところで、私は読むほうでも書くほうでも、飾った文章が苦手だ。
誇張した感じ、酔った感じが好きになれない。
そう書いた方が伝わるのだと言われても、それを第一にできない。
全編にわたって演じた文章ならともかく、半端に素であるものだとダメだ。
だから私は文章の教本に背き、比喩は極力控える。
反応が悪いだろうと思っても、何の効果も考えずまずは正直に書く。
伝わらないであろうことも、とにかく繰り返ししつこく書く。
たくさんの人に伝わって自分の利益になるようにではなく、自分にとって書きたい姿勢で書く。
他者の評価ではなく、自分の姿勢が文章に表れているかどうかが何より重要だ。
人生自体もまたそうだ。目先の利益より、私なりに生きる姿勢が大事だ。


そういうわけで、私には映像・音声の仕事は時折あっても、
文章の仕事の依頼となるとほとんど来たためしがない。
そのことは自分でも大いに納得している。
しかし、何かの取り組みをしていても、本が出ないというのでは箔が付かないらしい。
仕事の幅を広げたいと思っている折、これは困ったものだ。
別に文章の上で演じられないわけではないのだが、依頼もされていないのに書くことはしない。
おふざけで書くのならたまにやるけど・・・。


このブログも書籍化を狙っている(無意味だが言ってみた)。
いや全て書籍化を狙っている。なんなら私の全ては書籍にできるぞ。できるできる。
自費出版ビジネスはお断りだけどな。

////////////////////

昨日今日と寒い。それと眠りが浅い。
しかし冬は嫌いではない。夏よりは・・・。
posted by しかすけ at 23:33| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

20160301「思い込みを捨てる人生」

今日からまた日記を再開する。過去にmixiで書いてたペースくらいで考え事などを書きたい。
目標としては、他人を意識しない本当の日記を書くということ。


/////////////////


私は長いこと、「こうでなくてはならない」という思い込みを廃する人生を送ってきた。
何かを聞かれても「どっちでも良い」「どっちもアリ」「こうでなくてはならないということはない」
というような回答が多いし、そもそも何かを決めたいともあまり思わなくなった。
何事も白黒ハッキリしていないと不安という人もいるだろう。
善悪・良し悪し・敵味方・利益不利益・大人子供・古い新しいなど、
根拠はともかく決めてしまうことで心が楽になる人もいるだろうし、
もっと進んで、やたらと何かを斬ること(あるいはそれを有名人等に代行してもらうこと)に
快感を覚える人もいるだろう。それがわからないわけではない。
ただ、私はそういうものと接すると却って心が疲れてしまう。
できればなるべくいろいろな人・考えがOKだとされてほしい。
自由を侵されない場所にいて、自由でいることこそが私の心の安定に役立っている。

従って、そういう私が自発的に書くものも、特に何も斬らないことが多い。
ただ「こういう様子だった」「このように考えた」というだけのことである。
それが私にはいちばん大切なのだ。そして、私が接したい情報もそういうものだ。

自由な選択の上で偏ることはあるが、それは偏りたいのではなく、
自由に考えてそれを選んだに過ぎないし、また変わることもある。
私は情報を更新し思考を常に再構築する。どこかに留まりたいわけではない。
あるものだけから多大な影響は受けない。特定のものを100%信用することもない。
別にそう決めているわけではないが自然とそうなる。

そうでもないだろう、と思われる人もいるかもしれないが。

思い込みや決め付けは、多大なパワーを生み出すことがある。それは否定しない。
しかし、それが自分の皮を超えて、他者を攻撃したり抑圧したりすることもまたある。
少なくともそのような思い込みは私はあまり持ちたくない。
また、環境や情報が変化しても自分を変化させられないという状況ももたらす。
それは私にはつまらないことだ。たとえパワーがなくなるとしても。

つまり私の基本姿勢は「疑う」「考える」ことにあるのだと思う。
それ以外のことを私に強いても、たぶん功を奏することはない。

/////////////////////

ということ以外にもいくつかのことを考えた一日だが、
別に今日だから特別ということは特になく、常にこんなことを考えている。
全部を書くのはやはり大変だ。喋りたい。

/////////////////////

おにぎりせんべいを食べた。

////////////////////

ブログやSNSで分かち書きすべきなのかどうなのか、いまだに迷う。
あまりよくないかもしれないが、たぶん併用する。
posted by しかすけ at 19:10| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする