●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2016年03月15日

20160315「告知」

昨日はあんまり体調がよくなかったので早寝した。よって日記は休み。

今日は頑張って次回の散策会のお知らせを作成。↓↓↓↓
san018.jpg
詳細は→ http://shikasukeito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

正直、今回はルートに非常に悩んでいる。
土曜に下見したところと半分くらい違うルートだ。
あんまりねー、テイクアウトできる食品多くないんだよね。特にここ数年減ってる気がする。
まあ弁当とかはあるけど弁当はそうそう買えないし。
食料品店はほんとに減ってるよね。


いまだに「おすすめの商店街」を聞かれるのだが、これも困る質問。
自分の好みだと、消費者の観点でおすすめなのではなくなっちゃうからね。
歩くぶんには寂れてるほうが人少なくて歩きやすいし。
自分の都合と人への推奨って、やっぱり別物なんじゃないかと思うわけで。
なるべく、その時のテーマや相手の求める切り口に合わせて選びたいと思うんだよ。

まあ、好みのものを素直に勧めれば楽でいいとは思うんだけど、
わざわざそこまで行かれてガッカリされても嫌だからねぇ・・・。
それで俺の評判が悪くなったりしたらさらに意味なし。書かないほうがまし。
posted by しかすけ at 23:42| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

20160311「音楽の話」

日記を再開した理由のひとつに、趣味の話を書きたいというのがある。
どうもmixiが廃れてから、そういうことを書く場所がないのだ。
FBはあれでしょ、アニメの話とかはなんかダメっぽいし。
別にそこまでアニメ見てないけどね。1シーズン2本くらいしか。

//////////////////////////////

最近は音楽の話がしたい。
何しろこの手の話をする相手は全然いない。
学生の頃なら興味も持たれたかもしれないが・・・。

自分はまともに音楽を聴くようになったのは中学以降で、
そうは言っても当時さほど何という好みがあったわけでもなく、
ようやく「こういうのが好きなんだ」と思えるようになったのは20歳くらいのこと。

で、結局何が好きかというと、まぁいろいろあるけれど、
古い邦楽ロックとか、50'sとかそういう系統が好みなのね。
これが全然周りと話が合わない。
昔ならCDを貸したりして広めることもできたが、今ではそんな相手もいない。
まあ別に音楽は聴くものなので話す必要はそこまでないが・・・。
なんというか、寂しいものだと思う。

最近はCDの置き場がいよいよなくて困っている。
というほど買っているわけではなく、単にその他のモノが多いのだけど。
売れるようなものはあんまりないんだよなー、ウチは。

またお勧めアルバムとかのことも書いていこう。
たぶん昔書いたのとと全然変わってないけど・・・。

//////////////////////////////

今日は英語の小辞典とイタリア語のまだ持ってない方の小辞典をブックオフで買った。
100円とか200とかだった。
英語そんなにやりたいわけではないけれども、まぁ、ね。
posted by しかすけ at 23:04| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

20160310「役回り」

自分が学校を出てから現在に至るまでなるべく自由に生きていこうとしているのは、
それまでの人生で損な役回りが多く、そうならぬための自衛という面が多分にある。

学校内では学校内選抜生徒の仕事みたいなものが必ずあり、それらは一部を除いては不人気だ。
で、そういうのが自分のところに回って来やすかった。人気のあるのはやらせてもらえないが。
確かに自分であれば(時間と労力さえかければ)問題なくやればできるような仕事だし、
全体の中で何十分・何百分の一かは自分にだって責務がある。
だから基本的には断らない。

ただ、自分はそこまで優しくもないしパワーが有り余ってもいない。
全体に成り代わってそれをやるからには、
物質的にしろ精神的にしろ何でもいいから報酬をくれよと思う。
とにかくやれるところを見せるからちゃんと俺の扱い考えろよ、と思って引き受ける。
この時点では他人に多少期待はしている。

ところがこれが、いくらきちんとこなしても、ほとんど何も身に跳ね返ってこない。
仕事こなしつつ自分に得があるように立ちまわるべきなのだろうが、
全体的に非協力的あるいは時間・労力・金銭力の限られた中ではそこまでやる余裕は自分にはない。
しかも自分のように生活場所がガツンと変わりがちだと、
それまでの働きを覚えている人すら周囲にいないのだ。
下手をすると「何もやってない人」扱いだ。

これは自分にとって本当にストレスがたまるのである。
「(嫌がらせ等もある中で)あれだけやってきて、この状況?」てなもんである。
だから、学校出たらもう好きにするから、と。
金なくてもいいから、いつ死んでもいいから、他人に期待せず、好きなように生きる。
やってない人に比べたらいろいろやってきたでしょ?
証明もできないし、みんなの記憶にないかも知れないけど。
成績とかからしたら、もっとちゃんとしたレールの上を行くだろうと思われてた面もあるが、
当時はそんなもん知るかよってもんですわ。
とにかく、高校まで18年溜まっていたストレスを18年かけて解消してきて、やっと現在という感じ。
(生活に余裕がなさすぎて解消しきれていない面もあるがこれでもだいぶマシになった。)

でも自分の話を信じて当時やってきたことを今からでも改めて認めてくれる人がいるなら、
自分は今でもとても嬉しい。
それくらい、いろいろ考えてまじめに取り組んでいたのだからね!
今は割と好きにやってるだけなので別にそんなに褒められなくてもストレスにはならない。
仕事の中身と金銭報酬がまったく合わないのは(俺だけではないだろうが)ストレスだけど・・・。
あと、当時に比べて残念みたいに言うのはナシな。一番残念なのは君ではなく俺なんだよ。

あと、進んでやったか押し付けられたかはともかくとして、
集団内を代表して損な役回りを受け持つ人にはちゃんと何かしてあげてください。
労うなり、称えるなり、何かあげるなり、その時でなくても将来助けるなり、
できることはいろいろあるはず。
やってくれたなら後は知らない、ではますます誰もやらなくなるよ。
posted by しかすけ at 23:00| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

20160309「壊れる」

自分は買い替えするたび同じ靴(近所のホームセンターで売ってる黒い紐靴)を買っている。
ここのところ、その靴が壊れるのペースが早い。そんなに歩いてないのに・・・。
これは品質が下がったということなのか。しかも価格は上がった。
※下着とか鞄もそうだが、普段使うものはだいたい壊れるまで使う。

しかも今日は雨。どうも靴底部分に穴(割れ目)が生じていたようで、
左靴が地面の水を吸い上げてポンプ状態になってしまった。
これはなかなか悲しい。歩くだけで無駄に靴内に水が溜まるのだ。

////////////////////////

自分は歩く時に足指の付け根に靴の上部の革(布)が折れて当たるのが苦手で、
(おそらく)神経を刺激されて歩けないくらい痛くなってしまう。
マメや靴擦れならまだ歩けるし対策のしようもあるのでいいのだが。
履いて癖をつけてみるまでわからないのも痛い。
そういうわけで容易に新しい靴に手が出せない。

////////////////////////

そういえば一時期はドン・キホーテで靴買ってたなあ。
最近ああいう店にも行かなくなった。というか遠いんだよね。
どの店舗も片道1時間近く歩くからな。直通のバスもないところだし。

////////////////////////

そろそろ鞄もやばい。今年中には買い換えよう・・・。
今使ってるのはリサイクルショップで買った1000円の革トートバッグだ。
角が欠けてきたし、取っ手の付け根に折れグセがついてもう直らない。

しかすけと言えばトランク持ってる人、といまだにたまに言われる。
確かに10年くらい前まで、ヴィレッジヴァンガードで売ってたやつにステッカーとか貼って、
オフ会とかではそれを持っていた。これは取っ手の金具が切れて壊れた。

男ものの鞄は実は好きではなく、革っぽくて中性的なものをよく使う。
男の鞄はだいたい平べったすぎるし黒すぎる。つまらない。
女性向けのように底が広くてかつ安定性のある形のものがいいのだが・・・
(底が広くてもふにゃふにゃの鞄は好きではない)。

男性向けの服や身の回り品も女性向けと同等に色・形の幅があると楽しいのだけどねぇ。
自分は微妙な違いや材質にこだわったりするよりは、
モノによってバッと大幅に見た目が違うほうが好きだ。
(ついでに言うと服のサイズ表記自体、全然イメージできない。
 なぜいったん○号とかに置き換える必要がある? 実寸書いてくれ。)

なので比較的若めの女性の服やその他服飾品を見るのは嫌いではない。
ここ10年ほどは他人の買い物に付き合える機会もまったくなくなってしまったが・・・。

///////////////////////
posted by しかすけ at 22:14| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

20160308「外国語」

外国語についてチラチラと調べたり、辞書を読んだりするのは好きだ。
しかし実用できるくらいに喋ったり書いたりするまでやるかというと、
それはどうも飽きてしまう。一人だから当たり前だが。
やはり強制的に使わざるを得ない環境にいないと難しい。
パスポートも持ってないけど・・・。


読んでいて楽しいのはフランス料理用語辞典。
料理のアイデアを得るのにも有効。
和訳小辞典系はどの言語のものでも楽しく読める。
数年前はポケットプログレッシブ伊和・和伊辞典を持ち歩いていた。
主要な単語には独自にマーキングもしてあるし全ページ目を通している。
まあ、身についてないけどね。
posted by しかすけ at 23:09| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする