●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2014年07月18日

20140718「無題」


「あなたの感情に合わせて発言しているわけではない」


ネットでいきなり文句を言われる人は、まずこれちゃんと言いましょう。
わかってるようでわかってないのです、いきなり攻撃してくる人は。
posted by しかすけ at 22:54| 何か書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

20140716「理想のタイプ」

 
最近は日中の地図仕事もしているしかすけです。ども。



以前そこそこ長くやっていらっしゃる芸人さんとお話する機会があり、
「メディアに出る機会があるのなら好みの女性のタイプくらいパッと答えられたほうがいい」
とアドバイスを受けた。

自分は普段あまり「人のタイプ」というものを意識しないので(人を分別する気はない)、
タイプを判別して相手を判断ということも別にやってないのだが、
確かに聞く側はパッと言われたほうがわかりやすいのだろう。
あえてタイプ化するのであればどうなるか。急に思い出したのでやってみよう。


まあ、お付き合いすることを考えるなら、まず女性である。
女性タイプの人間。

自分は考えていることがけっこう失礼というか傍若無人だったり突っ込みがキツいほうなので、
年上の人と打ち解けて自由に会話するのはかなり時間がかかる。
年下の人にこちらを年上と思ってもらわない方向のほうが多分楽だ。ということで。
年下タイプの人間。

感覚が鋭いというか、発想が柔軟で瑞々しい人が好きなので、
発想柔軟タイプの人間。

安定ではなく挑戦を好む人でないと人生つまらないし自分のことも理解されそうにないので、
チャレンジ精神旺盛タイプの人間。
(聞く人によってはここがネックらしいが、知らん。安定したいなら他所へ行け。)

人を愛することができるのと自分が好きなだけの人とではかなり違う。
他人を愛することができる人でないと家族にはなれない。
愛することができるタイプの人間。

人を愛する前にお前体調悪すぎだろ、という人はまず治療に専念してほしい。
あともうなんかに常に頼ってないと崩壊しちゃうという依存的な人はちょっと無理。
そこそこ心身が健康な人がいい。そこそこでいいから。困った時はお互い助けあおう。
健康的なタイプの人間。

何より俺みたいなのを受け入れても大丈夫な人がいい。
しかすけでも大丈夫タイプの人間。
(最大のネックである。)


まとめると、
女性で年下で発想が柔軟でチャレンジ精神があり愛する心を持ち健康的でしかすけでも良いというタイプの人。


い  ね  え  よ  !


これメディアで言っても大丈夫ですかねー(笑)。


まあ一番大事なのは最後だよなあ。はぁぁ。


今月30日で35歳になるしかすけでした。
 
 
posted by しかすけ at 20:48| 何か書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

受験とか試験とか

私はまともな受験勉強をしたことがない。
高校は絶対推薦で受かるであろうところにしたし、その後は絶対落ちない専門学校だった。
また、一般的な就職活動はしたことがない。オーディションはあるけど。


昔から自分はとにかく、納得しないと行動しない。
進んだ先で具体的に何かやりたいのなら受験もしただろうが、
別にそういったこともなく、また学歴が欲しいと思ったことも一度もない。
みんながやってるからとか、保険のためといった理由で大学に行こうとも思わなかった。

専門学校では演技やアナウンス等を勉強していたので、
あまり普通の就職口というものもないから、普通の就職活動もしていない。
結局その後、なんとなくいろいろしながら食べてきたし、
別に会社員になって安定したいという志向もないので、そのままである。
というか近年は自営のような状態である。


人間いつ死ぬかわからないので、
あまり気の進まないことをやって時間を使って後悔するよりは、
もし明日突然死してもある程度納得できるような生き方でありたいと思う。

正確には高校くらいまではかなり気の進まないことをやったりやらされたりしていたが、
そういった遠回りなことで報われたことがほとんどなかった
(あれば成功体験のようになって、また違うのだろうが)。
だから大人になったら好きにやろう、と常々思っていたし、それがないといつまで経っても
「あの時あんなに頑張ったのに」という思いに駆られてしまう気がしたのだ。


ちなみに、正答の明解な試験は決して嫌いではない。
不可解な面接は嫌なものだが。
posted by しかすけ at 20:00| 何か書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

今年のこと・最近のこと

あけましておめでとうございます。
20140113-2.jpg
新年2日あたりから体調を崩して寝込んでいた。
症状は熱だけだが、おかげで身体が痛かった。
なんとか仕事には間に合わせたが、今度は精神的になんだか調子が悪い。
どうも新年とか新年度というのは妙な焦りや無力感がある。


今年の目標は
1.いま作っている架空地図作品の完成(昨年完成できず…)
2.架空地図ページの作成(とまったく違うものになる予定)
3.「東京の商店街を歩こう」の完成(さすがにそろそろ…)
4.東京23区商店街歩行記の完成(別に書籍化が決まってるとかではないが!)
5.食事量を減らす
このあたりだろうか。
実際には生きていくのに精一杯かもしれないが・・・。

引っ越しもしたいが、処分したいものが多くそれにも手間と金がかかり、
またある程度の資金的余裕も必要で、どうなるかは不透明だ。



11日には久しぶりにニコ生を放送してみた。
予想通りというか、5枠やって来場0が1枠、コメント0が2枠だった。
気合を入れて内田裕也のコスプレで放送したのだが(あと時間帯が悪い)。
年末になぜかヅラを作ったのである(100均の布とビニールで)。
20140113-1.png
自分ができることとニコ生で受けそうなことはどうもかなりズレがあり、
続けてやったところで似たような状況かもしれないが、
今年はまた放送していこうと思う。
↓コミュニティーはこちらなのでよろしく。
http://com.nicovideo.jp/community/co1055066



今日は家から4時間ほど散策(帰りは電車)。
初詣初日の出深夜歩き以降では初めての長距離歩きとなった。
昨年は歩行活動もあまり進まなかったので、今年は積極的に歩きたい。
20140113-3.jpg


ということで、相変わらずこんな感じですが、
今年もよろしくお願いたします。
posted by しかすけ at 22:26| 何か書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

ブログが続かない理由


 これからなるべく、何か書いていこうと思う。本当に文章が書けなくなってきているので、リハビリだ。

 私は文章を書くのが嫌いではないが、いくつか苦手なことがある。これはほとんど、書くほうにも読むほうにも共通だ。

 まず、飾った文章は書けない。自分に酔った気がするからである。また、文章は一文を短く、わかりやすく書こうとする癖がある。これは昔、放送台本や企画の練習をした時にそうなったのだと思われる。ついでに言うと、自分に酔ったような文章を読むのも少し苦痛だ。もっとも、演技であればまったく平気だ。文章も、演技すればわりとなんだって書ける。ただし疲れるし、頻繁にタダでやろうとも思わない。

 それから、私はコメントや返信をするのに、かなり時間がかかる。メールの返信で半日くらい悩むこともある。これは自分の伝えたいことがなるべく伝わるようにと思いすぎるからだろうと思う。それと、どうも自分は素直な反応をすると相手に誤解されることがあり、それを懸念して言葉を継ぎ足しているというのもある。

 反応が苦手なくせに、反応のないことをやり続けるほどの動機を持っていない。自分のやったことは一応まとめたり残したりしたいと思うが、それについてそこまでの自己満足も得られないのだ。何より、濃い仲間というのが大人になってからほとんどいない。自分がアプローチしたり組織したりするとうまく行かず、かといってどこかのグループで相手にされるというほど何かを持っているのでもない。そして昔から、何をやっても放っておかれるタイプのようなのだ。これについては半分以上あきらめている。私が悪い。

 強い好き嫌いや思いがないというのも、私の文がつまらなくなる要因だろう。基本的にどんな風景を見ても「ふーん、ここはこうなのか」で終わる。私はそれぞれの記憶をなるべく同じ重みでストックしていこうとする。古いことも新しいことも、どんな場所も、できれば平等に扱いたい。それを部分的にアウトプットしたところで、見る人はうんざりするだろう。しかしどう飾ったらいいものか、私には浮かばないのだ。良い意味での「ふーん」を強調するのは難しい。

 結局、強い思いのないことを飾らない簡単な文章で書かれても、読む人の多くにとってはつまらないものでしかない。それはわかっているのだが、それを覆すほどの動機や感情もないし、自分も裏切れない。

 そんなわけで、日常を書くというにはあまりにも自分は何も持ち合わせていないことに、改めて気づく。ブログも続かないわけである。文章のほとんどない写真ブログですら、やる気のある時にまとめて更新するだけだ。「東京の商店街を歩こう」に関しても、書けば書くほどつまらない文章になり、更新が滞る始末。

 これからここで書いていく文章は、推敲含めて1時間以内で書く。内容はまちまちで、この口調で書くとも限らない。ただ、テーマは必ず持つ。「日々の記録」というタイトルではあるが、しばらくの間、ただの日記的記録にはしないつもりである。写真もほとんど使わないか、あえて自分の顔か身体をたまに載せるかもしれない。

 できれば自分にとって前向きなことを書きたいが、読む人によってはあまりそう見えないかもしれない。決意を表しているはずのこの文章だけでも、すでに陰鬱な気さえする。
posted by しかすけ at 11:53| 何か書く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする