2016年03月10日

20160310「役回り」

自分が学校を出てから現在に至るまでなるべく自由に生きていこうとしているのは、
それまでの人生で損な役回りが多く、そうならぬための自衛という面が多分にある。

学校内では学校内選抜生徒の仕事みたいなものが必ずあり、それらは一部を除いては不人気だ。
で、そういうのが自分のところに回って来やすかった。人気のあるのはやらせてもらえないが。
確かに自分であれば(時間と労力さえかければ)問題なくやればできるような仕事だし、
全体の中で何十分・何百分の一かは自分にだって責務がある。
だから基本的には断らない。

ただ、自分はそこまで優しくもないしパワーが有り余ってもいない。
全体に成り代わってそれをやるからには、
物質的にしろ精神的にしろ何でもいいから報酬をくれよと思う。
とにかくやれるところを見せるからちゃんと俺の扱い考えろよ、と思って引き受ける。
この時点では他人に多少期待はしている。

ところがこれが、いくらきちんとこなしても、ほとんど何も身に跳ね返ってこない。
仕事こなしつつ自分に得があるように立ちまわるべきなのだろうが、
全体的に非協力的あるいは時間・労力・金銭力の限られた中ではそこまでやる余裕は自分にはない。
しかも自分のように生活場所がガツンと変わりがちだと、
それまでの働きを覚えている人すら周囲にいないのだ。
下手をすると「何もやってない人」扱いだ。

これは自分にとって本当にストレスがたまるのである。
「(嫌がらせ等もある中で)あれだけやってきて、この状況?」てなもんである。
だから、学校出たらもう好きにするから、と。
金なくてもいいから、いつ死んでもいいから、他人に期待せず、好きなように生きる。
やってない人に比べたらいろいろやってきたでしょ?
証明もできないし、みんなの記憶にないかも知れないけど。
成績とかからしたら、もっとちゃんとしたレールの上を行くだろうと思われてた面もあるが、
当時はそんなもん知るかよってもんですわ。
とにかく、高校まで18年溜まっていたストレスを18年かけて解消してきて、やっと現在という感じ。
(生活に余裕がなさすぎて解消しきれていない面もあるがこれでもだいぶマシになった。)

でも自分の話を信じて当時やってきたことを今からでも改めて認めてくれる人がいるなら、
自分は今でもとても嬉しい。
それくらい、いろいろ考えてまじめに取り組んでいたのだからね!
今は割と好きにやってるだけなので別にそんなに褒められなくてもストレスにはならない。
仕事の中身と金銭報酬がまったく合わないのは(俺だけではないだろうが)ストレスだけど・・・。
あと、当時に比べて残念みたいに言うのはナシな。一番残念なのは君ではなく俺なんだよ。

あと、進んでやったか押し付けられたかはともかくとして、
集団内を代表して損な役回りを受け持つ人にはちゃんと何かしてあげてください。
労うなり、称えるなり、何かあげるなり、その時でなくても将来助けるなり、
できることはいろいろあるはず。
やってくれたなら後は知らない、ではますます誰もやらなくなるよ。


posted by しかすけ at 23:00| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。