●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2016年04月17日

20160417「人の移動」


※愚痴です。

「人間は流動しても良い」と思えることは、とても大切だと私は考える。
留まり続けること、狭い社会に縛られることは、一時の安心感はあるだろうが、
そのために削られる心身、また時間やコストは馬鹿にならない。
また、同じ場所に居続けられる人が偉いわけではない。
我々はどこにいても、どこに移っても、平等なはずだ。

災害対策にしてもいじめ・犯罪被害対策にしても、また一時的な住宅需要の対策にしても、
いつでも生活場所が変えられて、働き学び暮らせる環境というのがいちばん望ましいと思う。
危険がある場所や希望が感じられぬ場所にも留まり続けるのは、
当人のエネルギー状況や感情としてはわかるし、
もちろん物理的に足止めされている状況では仕方がなく留まる期間も存在するが、
身の安全や前途を考えるならば土地に縛られてしまうことは惜しい。
その移動機会を当人たちの資力・人間関係の負担とするのではなかなか解決しない。

雲を掴むような話だが、私のひとつの理想は、
一定規模のどこの都市にもまとまった余剰住宅・施設があり、遠方からの移住者を受け入れられること。
そして、その地域内で生活上必要となる物事(衣食住・介護・保育・教育・娯楽等)が仕事として成立し、
経済が回り充分な生活が送れること。
余っている時は安価な一時宿泊施設や多目的施設として利用できれば良く、
本当に必要とする人が出た時にいつでも供給できるようにする。

住宅をどんどん供給したら不動産の価値は落ちるだろうから、
不動産を持つ人・不動産を担保にしている人は、人間が流動する余裕を持つ社会は嫌かもしれない。
しかし保育園や葬儀場の設置、地盤の情報公開などの問題でもそうだが、
立ち退きですらない不動産価値変動を理由に公的なものを拒むのは私は納得がいかない。
もともと不動産価値なんて環境で変動するもので、そこにこそ本来の自己責任がある。
むしろ、よりよい場所へどんどん移動すれば良い。

もうひとつの障壁は「住民主導」だろう。
元々は行政主導に対しての住民主導という言葉だったように思うが、
住民だけが主導するまちづくりでは、基本的に自分のことしか考えない。
目先の利益を考えれば、他者のための余剰など無駄と判断されてしまう。
そもそも、街は居住者だけでなく通勤通学者や様々な来訪者で成り立っている。
そういう人たちが何の発言力もないのでは却ってアンバランスだ。
例えば、仕事を東京に依存する人の何割かが実際住めるのは埼玉や千葉であるのが現実だが、
彼等が東京に対して何ら発言権を持てないというのは本当に良いことなのか。
自治体への選挙権が0.5票ずつに分けられたっていいはずだ。
また、自治に関しても、賃貸住宅の居住者は差別して扱われてはいないか。
「長く地域に住む人しか地域に責任を持っていない」は間違った思考だと思う。
むしろ、自分のことしか考えられない状況になりがちである。
広い地域との関わりで各地域が維持されていること、
また自分たちも移動する時があるということを事前に織り込んだまちづくりが必要ではないか。

「故郷がある人」の感情だけを優遇するのはやめ、
人がもっと自由に移動でき、移動しても良いのだと思える社会になることを切に望む。
posted by しかすけ at 06:27| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

20160410「下見」

今日は24日の散策会の下見に八王子まで行った。
san020.jpg
http://shikasukeito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

以前住んでいたところでもあり、散策家と名乗る自分が育まれた場所である。
下見するほど知らない場所ではないが、数年ぶりの訪問であるし、
下見したらしたでクオリティは上がるので、一応行くことにした。
前日体調悪くて一日棒に振ったため、あまり準備はできなかったが。

湧水や石仏のある場所の発見、いままで写真を撮っていなかった暗渠の訪問など、
それなりに有意義な下見だったと思う。以前記事にしたものも少し修正できたし。
時期的に桜がまだ散りきっておらず、他の花もいろいろ咲き始めていたのも良かった。
きつい起伏と自然、そして人の生活の匂いが入り交じるこの地域、やはり散策にはとても適している。
都区内のいろいろな小さなスポットの発見も良いものだが、
八王子は手軽に冒険気分が味わえる程度にはスケールが大きい。
当時、自宅を出て1時間歩いて戻るだけでかなり満足できた。

私道が多かったり里道が通れなかったりと問題もあるが、
やはり原点というか、いつ歩いても楽しい地域だと思う。
これをうまく伝えられたら良いのだけど。

というか、需要は知らないけど、自分に見えている世界をもっと伝えたいというのはある。
ありがちな「深み」とかではなくてね。自分はマニアではないので。
頭の良さそうな感じにもならないだろうと思う。
まあそれは、これ読んでたらわかるとは思うけど・・・。
自分が見てるのはこういうものですよ、こういう視点ですよ、
こういうものを通すと違って見えますよ、みたいなのに近いかな。
posted by しかすけ at 23:59| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

20160408「夢」

今朝見た夢。

どっかの事務所の顔見せみたいな舞台に出る。
別にちょっと喋るだけなのだが。
偉い人はしきりに「映画俳優ってそういうものだろ」と言っている。
同僚として知っている人であるとか、面識はないが声優の古川由利奈さん、
その他なんだかいろいろ居た気がする。
私は実年齢で(夢ではどうも年齢があやふやな事が多い)、割と若いと言われた。


ちなみに夢はカラーである。
ただしいつも現実の場所は出てこない。
知っている場所でも、風景やつながりはまったく架空。
posted by しかすけ at 23:56| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

20160406「忙しさのち体調悪化」

タイトル通り、年度末の忙しさもやっと通り過ぎたところ(ブログは堂々サボった)、
ここ数日は体調がいまいちよろしくない。
いつもなら年度末が明ければ仕事はしばらくなくだらだらとするところなのだが、
今年は仕事を続けていなければならないのである。
しかも暇になることを見越して散策会を多めに設定している。
まあ、今年度はだいぶ楽にやれると思うけどね。慣れたし、情報も集まったし。

次回は4/24の「八王子とっておきの谷戸」。
しかすけが散策好きになった原点の土地を歩く企画。
http://shikasukeito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html
初の23区外開催。遠いので人が集まるか不安。一人でもいいので来て!
下見は今週末行く予定。毎度ですが企画には自信ありますよ。

///////////////////////////

いろんな流れに乗れてないなーと感じる。
別に抵抗しているわけではないのだけど・・・。
いつまでたっても、やってることがバラバラと単体になってしまい発展性がない。
そろそろどうにかしないとなあ。

とりあえずたまっている散策レポートを、明日からは1日ひとつ書く勢いでがんばりたい。

posted by しかすけ at 22:40| 日々の記録'16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする