●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2015年11月10日

20151110

政治家の香典の話が出ているが、私は冠婚葬祭などで直接お金を渡す・渡されるのが昔から苦手でしょうがない。なぜ現金なのか。お年玉とかもそうなのだが、いただくとしてもどうも気が引けるのである。

相手を想って贈り物を選ぶとか作るとかは(私は楽しいが)手間がかかるし、相手の生活上の必要性だけを考えるなら効率が悪いというのは、まぁわかる。では「ほしいものを聞く→買う」という段階を踏めば良さそうだが、やはりこれも手間はかかる。もちろん現金は(少なくとも貨幣の信用の高い日本では)何にでも使えるので非常に効率的ではあるが、どうも私は気分的にはよろしくない(あくまで私は、だが)。私なら一万円よりも心温まる手書きの手紙でももらえたほうが嬉しい。

まあ、渡したい人が渡せばいい、人それぞれでいい、というのなら別に良いのだが、だいたいこの手の風習は「横並びでなくてはならない」という注釈がつくのが嫌なところである。「常識である」というお墨付きのもと、お前だけ現金じゃないのは許されないぞ、という圧力がある。正直そんなのを振りかざすのはクソだと思うし私は絶対他人にそんなことを言ったりしないしみんながみんなそうではないと信じたいが、どこにでもこれを振りかざす人というのがいるのも確かだろう。

何かの際に何かを贈ることそれ自体は別に好きだし、良いと思う。ただ、現金じゃなくたっていいじゃないかと思う。気持ちはそれを判断されるための形式としてではなく、当人の中にあるものを当人のかたちで表し、それを個々に汲んで受け取る・受け取られるだけで良い。その手間がかけられない人だけが形式で判断されることを選べは良いはずだ。

もちろん、そういったお金は助け合いの意味もあるとか、間に入る業界が潤うとか、まあこれもよく言われるだろう。でも本来は冠婚葬祭もお金で解決するものではなくて、実際の手間・労力の面で助けたり、あるいはそもそも出せないほどお金のかかるようなやり方で立派にしなくったって成立するはずじゃないの? と思う。そういうやり方をする人がいて、これも「横並びではないから」「常識とされる形式と違うから」悪く言われたりするようだと、いよいよ病んでるんじゃないか・・・と思ってしまう。

誤解のないように言うが、金は汚いとかそういう意味ではない。ただ、みんなお金出しましょう、は違うだろと思うし、いくら出すのがマナー、などという気持ちも何もない誰が決めたんだという(本来の「マナー」などとはかけ離れた)文化など、維持してもしゃーないだろさっさとなくなれよ、とすら思うのだ。体裁でしか気持ちが判断できない・体裁が先にないとダメだなんて、それこそあまりに寂しいでしょ。もちろん「常識」にのっかるのは楽だという面もあるというのもわかってるよ。反論なんていくらでも思いつく。全部書こうか(笑)? だけど、どれも私の思考を覆すほどの正当性は感じない。

もし自分が結婚するなら、結婚式なんてしないで、全部こちらが負担して用意する手作りのパーティーならしたいと思う。最初からご祝儀をあてにした結婚式の計算とか、正直まったくやりたいとも思わない。まあ葬式は最初からやってもらわなくていいが。

そんなことを言っているから結婚もできないし周りに人もほとんどいない、というのは理解しているつもりだけどね。でも思うことは正直に書くよ、自分は。それでも良いという人だけ、付き合いが残れば問題ないからね。

posted by しかすけ at 22:27| 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする