●しかすけの電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。

ten2005-1m.png ten2005-2m.png

2008年07月31日

20080731「もう月末!」

こないだ旅行に行ったと思ったらもう今月も終わりですよ。
あ、昨日は誕生日だったよ。左の年齢書き換えとかなきゃ。。

昨日の朝コンビニ入ろうとしたら、
上のマンションの5階から、物干し竿が落下してきて、
もうちょっと駅から早く歩いてたら当たるとこだった。
誕生日にいいことがないほうだとは言え、
下手すると死ぬようなトラップは勘弁願いたい・・・・。


ちょっとここんとこ体調がいまいち悪くて、
いろいろ更新ストップぎみで申し訳ないです。
ぼちぼち四国一周ブログの続きも書きますです。
posted by しかすけ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録'08夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

20080722「更新中」

四国一周旅行ブログをちびちび更新してます。
アップしたやつも書き直したりしてるんだけど(笑)。
なかなかああいうのはどう書いていいかわからんね。
テンション高い旅行とは違うからね。


一昨日の日曜は秋葉原などに行ってきた。まだ歩行者天国は再開されてない。
秋葉原では昔はレトロゲームや中古CD漁りをしてたけど、
今はせいぜいあやしい雑貨を物色する程度。

こないだのトイデジカメと同じ販売元の、安いMP3プレーヤーを買った。
液晶もなく、操作盤だけのね。一番安そうな店で1050円だった。
まあSDカードが必要だからその分もうちょっとかかるんだけど。
とりあえずちゃんと動いてよかった。
1GBのメモリを差してても、選曲が1曲ずつだから容量いっぱいにはできない・・・(笑)。

秋葉原も、ここ数年ですごく店が入れ替わった気がする。
っていうほど頻繁には行かないんだけど(年2-3回?)。
あの古いビルばかりの街で、テナント埋まるだけいいよね。
他だったらなかなか埋まらなかったりするよ、多分。

そのまえに日暮里・舎人ライナーにも乗ってきた。初めて。
けっこう高いところ走るし、自動運転だけどスピートもそれなりで、
快適であっという間に終点だった。車両は小さいね。



今日は健康診断の結果が帰って来た。
そんなに悪いとこはなかったけど、総コレステロールはほんの少し基準以上だった。
あと体重が標準より少し上だ・・・。
おなかの肉をなんとかせねばなあ。あーもうすぐ29歳ですよ。

といいつつ、最近グリコのプレミアージュというアイスがお気に入りです。
チョコのほうが。濃くておいしい。安いし。
posted by しかすけ at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録'08夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【考えたことメモ】公共

1
公共の場でできることは、確実に減っている。
僕は、公共の場でできることはなるべくなら多いほうがいいと思う。

2
公共とは、みんなのものということであって、
お役所の・国の・自治体の、という意味ではないはずだ。

3
器物を破損したり隣の私有地を侵したり、著しく通行を阻害するのはダメだが、
こと開かれた場所において、
目的を1つ2つに限定してそれ以外を除外していくのが「公共性」だとは、
僕は思わない。

4
まったく不快感がない空間を作るのではなく、
それぞれがさまざまなものを許容することのできる場所が公共の場であると思う。
ひどく厳しくなる事が本当に公共の利益か、あるいは首を絞めあっているのか、
よく考える必要がある。

5
また、あれが迷惑だこれが不快だとみんなが言う風潮は、
あまり好ましくないと思う。
何かを叩くことで心の平安を得るのは、本当は良くない。
ある程度のことは許容するべきだと思う。

6
またそうした苦情の通りやすさや管理の面倒さから、
管理者が最初から自由な行動をかなり規制するのもどうかと思う。

7
と同時に、責任を管理者だけに問うのではなく、
使用者全体に問うのがより良いありかたであると思う。
責任は後で取るものではなく、最初から負うものであり、
だからこそ行動の自由さが認められるのであると思う。
しかし責任からなるべく逃れたいのが、日本という国であるとも思う。
責任を負ってから行動することは、あまり尊敬されていないと感じる。

8
それぞれが公共に対する責任のもとに、
もっと寛容になれたらいいのにと思う。
心狭いままに不快な部分を探す社会は窮屈であると思う。
また、ある不快が除外されてもさらなる不快を探すようになるのが嫌である。
posted by しかすけ at 19:30| 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

20080715「帰ってまいりました」

ども。無事に四国から帰ってきました。
いずれ写真を整理して四国旅行ブログに載せたいと思います。
でも、新しいデジカメの写真にケラレ多発で参りました。
なのであんまり写真よくないです・・・。
あと、帰ってきても旅の話をする相手がいないのが寂しいねー。


四国にいる間は天気もよくて(暑かったけど)、
空がとても綺麗でしたよ。
20080715-1.jpg


そういえば、「東京 商店街」をgoogleで検索したら、
いつの間にか「東京の商店街を歩こう」が4番目にきててひびったよ。
他の検索エンジンだと、別にそんなことなかったのだけど
(他は商店街個別の公式サイトを優先して表示する)。
でもgoogleさんは、おいらのサイトを八分にしてくれたりするので、
あまり信頼してません(笑)。
まあそういうことで、ちゃんと書き直しを進めないとなぁ。

四国の裸婦像水路を更新しましたので、
見たいという物好きな方はどうぞ。
裸婦像は4体、水路の写真は他にもたくさん撮れました。
posted by しかすけ at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録'08夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

20080703「トイデジカメ4分身」

旅行前でどたばたしているというのに、
近所のハードオフで、中古のトイデジカメ(おもちゃデジカメ)を買ったよ。
4つで1500円くらい。全部箱と付属品つき。
20080703-1.jpg
これ、ほんとに分身で、カメラの中身はどれもほとんどおんなじ。
外のデザインと電源だけが違うのだ。
販売元はワイ.エス.エヌ.(ワイエスエヌ)。サイトすらないらしい。
他にもいろいろ怪しげな(ユニークな)グッズの販売元らしい。

これらのカメラは、全てプラスチック製で、異様に軽い。重みの殆どは電池。
基本的には最大30万画素だが、最高画質だと約5枚しか撮れない。
解像度を下げ圧縮率を上げれば約60枚くらい撮れるらしい。
電源は乾電池2本。電池を抜くと画像の記録も消える。
下には三脚用の穴があり(右下の以外)、10秒のセルフタイマーもある。
他、3連写機能、数秒の動画を撮る機能、PCカメラ機能がある。
裏には2ケタの液晶だけがついている。
ボタンは、シャッターボタンとメニューボタンの2つしかない。腕時計みたいだ。
すべてストラップ(首かけ型なので長い)とUSBケーブル、インストールCDつき。
でもどれも同じドライバでPCに接続できる。

20080703-2.jpg
それぞれのカメラの見た目のご紹介。

PX-30 (左上) 315円
電池は単四。デジカメっぽい外観。USB端子はむき出し。
レンズは引っ込んでいるので、何か加工するのにいいかも。
中古のため、裏の液晶が1本死んでるのが唯一残念。

DXS-30Rb (左下) 315円
電池は単三。コンパクトカメラっぽい外観。
唯一レンズカバーがついている。USB端子にもゴムカバーつき。
レンズ部分は引っ込んでいる。

DXS (右上) 525円
電池は単四。小型デジカメ風の外観で、一番薄い。
薄いがレンズが飛び出た配置になっている。
USB端子はむき出し。シャッターボタンが小さめ。
電池が抜きにくい上、カバーが完全に分離してしまうタイプ。
小さいが初期型かもしれない。梱包は一番ちゃんとしてる。

S-COOL (左下) 315円
電池は単四。スポーティーな外観。片手で持ちやすい。
電池カバーが独特で、不慮の事故で電池が飛び出しにくくなっている。
USBゴムカバーつき、シャッターボタン大きめ。レンズはひっこみ型。
これだけは三脚の穴がない。他のよりも少し使用感(キズ等)あり。

最高画質で撮るとこんな感じ(DXS使用、曇天)。クリックで拡大します。
20080703-3.jpg
20080703-4.jpg
周囲がぼやけた感じになるのがいい味だね。
もっとも、最高画質では5枚だけになってしまうから、
大きさは大きいほう(640*480)、圧縮率は高いほうにして、
20枚撮れるようにすると少しは使えるかな。
圧縮率が高いとシャッター音(ビープ音だけど)まで数秒かかる。
シャッタースピード自体はそんなかかってないとは思うけど。
これ、元はいくらだったんだろうねぇ・・・。


ということで、明日の夜行バスで四国へ旅立つので、
全てのブログの更新は7月13日以降までお休みとなります。
また元気でお会いできるよう願っております。行ってきます!
(台風や豪雨がきませんように・・・・)
ラベル:風景写真
posted by しかすけ at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の記録'08夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする